リコーフレックス用フォーカスレバー / Focusing Lever for Ricohflex

二眼レフのピント合わせには、レンズボードを前後する方式が多く使われていますが、
リコーフレックス(ダイヤ系除く)は二つのレンズをギアで噛み合わせて同期し、
二つのレンズを回転させてピント合わせを行います。
レンズの前枠は狭く、ピント合わせはお世辞にもいいとは言えず、かなり面倒な機種ともいえます。

本部品は、リコーフレックスのレンズ前枠に取り付け、ピント合わせをしやすくするためのレバーです。
レンズの前枠に、カブセ式フードを取り付ける要領で取り付け、ネジで締めて固定します。
前枠部分の外径が36mmの機種であれば、取り付けられると思います。
強度が必要な部品のため、出力できる材料はPA12(MJF)のみとしました。
本部品は組み立て式で、M3のつまみねじとM3の3種ナットを使用します。
組み立て方はDMM.makeのページTwitterのモーメントをご覧ください。

本部品に興味がある方は、以下のリンクより詳細確認及び注文が可能です。
https://make.dmm.com/item/898849/


コメントを残す