ドレスアップパーツ (ペンタダミー) / Dress-up parts (Dummy pentaprism)

カメラと言えば一眼レフ。ファインダーと言えばペンタプリズム。
背面ライブビューのデジタルカメラに対して、何か「物足りない」と感じることはないでしょうか。
ふと撮影しようと構えたとき、ファインダーを覗こうと顔をくっつけてしまうことはないでしょうか。
少なくとも、私はよくあります。「あ、無いんだった…」よくやります。結構恥ずかしいですよね。

「ペンタ部が無いのなら、付けてしまえばいいのでは」

これまで「ネコミミ」や「ウサミミ」をホットシューに付けてきた以上、作ること自体は簡単です。
(もっとも、「かっこいい」ペンタ部形状となるとまた悩ましいところではあるのですが)
取り付け対象は「PENTAX Q」として、かつなるべく汎用的に使えるように設計しました。
(大きめのカメラに組み合わせた場合、ちょっと小さくあまりかっこよくはないかもしれません)
以下、本文中のリンクより詳細確認及び注文が可能です。

シュー用ドレスアップパーツ (ペンタダミー汎用) [MRO-DS-PEN-01]


第1弾、もっともオーソドックスなペンタ部をデザインしました。
参考にしたのはPENTAX MEやPENTAX MX。
アクセサリシューやファインダーの接眼部を持たないため、シンプルで上品なデザインです。
銘板部分は好みのデザインにできるよう、取り外し式になっています。
カメラのアクセサリシューへ取り付けるだけです。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/979499/

貼付用ドレスアップパーツ (ペンタダミー汎用) [MRO-DSP-PEN-01]


こちらは要望にお応えして、シュー取り付け部分をカットしたもの。
貼り付けるだけで、どこにでもペンタ部を生やせます。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/989858/

シュー用ドレスアップパーツ (シュー付ペンタダミー汎用) [MRO-DS-PEN-02]


第2弾、追加のアクセサリシューが付いて機能的になりました。
参考にしたのはPENTAX SuperA。ちょっとゴツいデザインです。
背面にダミーのファインダー接眼部を持っているため、つい覗いてしまっても誤魔化せます。
取り付け位置の調整機構を持ち、また別途オプションを使用することで専用のサムレストが取り付け可能です。
取り外し式の銘板は第1弾と共通の寸法となっています。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/1031361/

オプションパーツ

PENTAX Qシリーズ各種には、専用オプションパーツを追加することでよりリアルに仕上がります。
むしろこちらとの組み合わせこそがメインかもしれません。

シュー用ドレスアップパーツ (ペンタダミーQ用銘板) [MRO-DS-PEN-01Q]


PENTAX Qに取り付ける場合に使用します。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/985716/

シュー用ドレスアップパーツ (ペンタダミーQ10用銘板) [MRO-DS-PEN-01Q10]


PENTAX Q10/Q7に取り付ける場合に使用します。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/985715/

シュー用ドレスアップパーツ (ペンタダミーQ-S1用銘板) [MRO-DS-PEN-01QS]


PENTAX Q-S1に取り付ける場合に使用します。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/983101/

シュー用ドレスアップパーツ (ペンタダミー汎用銘板) [MRO-DS-PEN-01N]


こちらは標準で付属する銘板パーツの単体です。
STLファイルを公開しているため、オリジナルのロゴを入れて出力したい場合はこちらをご利用ください。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/984913/
STLファイル: 上記リンクより無料ダウンロード可能

シュー付ペンタダミー用サムレスト (Q用) [MRO-DS-PEN-02QT]


第2弾のシュー付きペンタダミーに対応するQ専用サムレストです。
ダミー接眼部のパーツと入れ替えて取り付けます。
(第1弾のペンタダミーには取り付けできません)

DMM.make: https://make.dmm.com/item/1045344/

ここまでくるといっそダミーではないファインダーを付けたりしてしまいたいですね。

PENTAX KP用グリップ / Customized Grip for PENTAX KP

カメラ用アクセサリを作るとき、ほとんどの場合は「付加する」タイプのアクセサリかと思います。
カメラ自体、あるいはレンズ自体はそのままで、足りない機能やデザインを付け加えるものですね。
例えば「カメラ用ネコミミ」や「サムレスト」のようなものです。
一方、取り付け部分の寸法が分かれば、カメラやレンズに対応する「互換パーツ」を作ることもできます。

これまで、多くのデジタル一眼レフカメラは本体に一体化したグリップを持つことが多く
カメラごとの特色ある形状を形作っていました。
しかしながら、グリップのホールドは当然個人差があるので、
人によって使いやすさに差ができてしまうことは避けられません。
こうした中で、グリップにカスタマイズ性を持たせた「PENTAX KP」は、
好みのホールド感を選択可能なカメラとして、また数少ないカスタム可能なグリップを持つカメラとして
(製作者含むTwitter界隈では)独特ながら盛り上がりを見せる存在となっています。
(カメラとしても初級者から上級者まで十分楽しむことができる、コンパクトながら魅力的なカメラです)
当記事では、主に私が設計・製作した「KP用グリップ」を紹介します。
いずれも、取り付けにはM4細目ピッチねじが必要です。

PENTAX KPグリップ自作用ベース部品 [MRO-GP-KPU-01]


オリジナルの互換グリップを製作する上で、最初にぶつかる壁が取り付け部分の寸法です。
こちらのベース部品は、PENTAX KPのグリップの「固定用ピン」と「固定用ねじ」の寸法に合わせた
最小構成の3Dモデルとなっています。
STLファイルをダウンロードし、3D CADソフトにインポートすることで
グリップの形状のモデリングに活用いただければ幸いです。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/978675/
STLファイル: 上記リンクより無料ダウンロード可能

PENTAX KP削り出しグリップ [MRO-GP-KPU-02]


オリジナルの互換グリップは、人によって作り方も様々です。
「パテを使って盛り付けたい」人もいれば、「削り出したい」と考える人もいるでしょう。
こちらの部品は後者の「削り出したい」と考える人向きのグリップです。
(分かる方はPENTAX LXのグリップAを思い浮かべていただければ)
STLファイルもダウンロード可能ですが、ソリッドに出してくれるMJF出力の依頼がオススメです。
家庭用のFDMな3Dプリンタで出力する場合、フィルに気を付けないと内部がスカスカになってしまいます。
もちろん、3D CADソフト上で削り出してのモデリングも可能です。
また、(角が鋭利な点がありますが)このままでもグリップとして使用することができます。

DMM.make: https://make.dmm.com/item/1025588/
STLファイル: 上記リンクより無料ダウンロード可能

これらの部品に興味がある方は、本文中のリンクより詳細確認及び注文が可能です。