PENTAX Q用グリップ / Grip for PENTAX Q

レンズ交換可能なミラーレスカメラの中でも、コンパクトなカメラの「」。
「ナノ一眼」の名前で登場したQですが、デメリットのひとつに「小さすぎる」ことがあります。
交換レンズ込みでもコンパクトに収まるため、持ち運びも苦にならないのですが、
撮影しようと構えたときに普通に握ると指が余り「つまむ」ような形になってしまいます。

ペンタックスは、過去「オート110」という110フィルムを使うカメラを販売していました。
これはPENTAX Qと同様「ポケットサイズ一眼」というコンセプトで、非常に小さな一眼レフでしたが、
実はこのときは「オート110ワインダー」というグリップ兼用ワインダーが用意されていました。
これと同じようなものができないかと考えた結果、作ったのが本部品となります。

本部品は、PENTAX Qの下部に取り付け、ホールドしやすくするためのグリップです。
一般的なカメラ用グリップと同じく、三脚ねじを使用して取り付けます。
本部品は組み立て式で、長さ7mmのM2ねじおよびM2ナットを5組使用します。
詳細および組み立てについてはDMM.makeのページTwitterのモーメントをご覧ください。

本部品をデザインするにあたり、前述のオート110ワインダーを参考にしました。
オート110ワインダーと比べたとき、大きく異なるのは大型化したグリップ下部。
オート110ワインダーでは三脚ねじがカメラの端に配置されていましたが、
本グリップではレンズの光軸に限りなく近づけるように変更しています。
PENTAX Qと組み合わせたときに一体感が出るようなデザインとしたため、
残念ながらPENTAX Q以外のQマウント機には取り付けることができません。
もしかしたら他の機種用のグリップも作るかもしれませんが…あまり期待しないでください。

内部は材料費節約のため、肉抜きを行っています。肉厚が3mmほどです。
自作グリップとしてはそこそこ安めにできたのではないかと思います。
通常の使用には問題ないと思いますが、もし削って改造するような場合はお気をつけください。
パテを盛るような場合は問題ありません。

ちなみに、冒頭で述べたPENTAX Qのデメリットですが、「小さすぎる」他には
「バッテリーの持ちが気になる」点があります。
本グリップは単なる拡張グリップとしての機能しか持ち合わせていませんが、
予備のバッテリーを肉抜きした空間へ収納するアイデアがあり、現在改良版を設計中です。

本部品に興味がある方は、以下のリンクより詳細確認及び注文が可能です。
DMM.make: https://make.dmm.com/item/893211/
Shapeways: http://shpws.me/QxF2


コメントを残す