PENTAX Q用収納付グリップ / Grip for PENTAX Q(w/ storage)

ペンタックスの小型ミラーレス一眼「」。
こちらの記事にて製作したものは、ホールドをしやすくするための単なる拡張グリップでした。

PENTAX Qのデメリットですが、「小さすぎる」他には
「バッテリーの持ちが気になる」点があります。
本グリップは単なる拡張グリップとしての機能しか持ち合わせていませんが、
予備のバッテリーを肉抜きした空間へ収納するアイデアがあり、現在改良版を設計中です。

と書いていたように、同時進行して完成したのが本部品です。
以前のグリップが「通常版」だとして、こちらはバッテリー収納可能な「上位版」です。

基本設計はほぼそのままに、肉抜きしていた内部空間をバッテリー室として再利用しました。
純正バッテリー「D-LI68」を収納することができ、懸念の「バッテリーの持ち」も解決できます。
もちろん、グリップに電気的な接続はありませんので、「無くなったら取り替える」必要があります。
バッテリー室を組み込んだ以上、「入れ忘れ」対策としてインジケーター窓を設置。
純正バッテリーを入れるとメーカーロゴが見えるようになっています。
裏返すと「危険」表示になるというお遊び機能付き。
使い終わったバッテリーは裏返したり、あらかじめバッテリーにラベルを貼っておいたりと
ご自由にお使いいただければと思います。

今回、一番難儀したのがバッテリー室のフタでした。
最初は本体側で採用されているスライド+ヒンジ式にしたのですが、複雑すぎて実用には耐えず。
最終的に、スライド+スナップフィットという単純な仕組みになりました。
これだけではフタがずれやすくなってしまうので、バッテリー室奥に板ばねを設置して
バッテリーをふたへ押し当てる構造としています。
何度も使っているうちにふたの固定が緩くなるかもしれませんが、予備部品で対応できればと思っています。
もし購入された方で「ふた予備欲しい!」という方がいましたら、製作者までご一報ください。

本部品に興味がある方は、以下のリンクより詳細確認及び注文が可能です。
DMM.make: https://make.dmm.com/item/897159/
Shapeways: http://shpws.me/QxF6


コメントを残す