PENTAX Q-S1用グリップ / Grip for PENTAX Q-S1

「PENTAX Q」用のグリップを公開して感じたのは、
「少しの修正や仕様変更でも全体を変更しなければいけない」という点。
欲しいと思う機能は人によって、場合によって異なりますし、
グリップ感を変えるためにいくつもグリップを作ることになると
試作費用だけでもバカになりません。

本部品は、そんなことも考えていたため
実験的に「モジュール構成」として必要なパーツを組み合わせることにしました。

ベース部品 [MRO-GP-QS1-B01]


Q-S1用グリップのベースとなる部品です。
DMM.makeでの染色可能サイズを超えてしまうため、分割するようになっています。
分割したキャップ部分を他のパーツに差し替えることで、機能拡張を行います。
単体でもボディの延伸ができるため、グリップ感は向上します。
https://make.dmm.com/item/947395/

拡張グリップS [MRO-GP-QS1-E01]


グリップの高さはベースから変えず、ボディ前面に引っ掛かりを付加します。
ベース部品のキャップを差し替える、最小構成のグリップです。
機能的な拡張はありませんが、持ちやすさは格段に向上します。
https://make.dmm.com/item/947393/

拡張グリップM [MRO-GP-QS1-E02]


グリップSとは異なり、高さを拡張するグリップです。
キャップ部分と中心部分にねじ止めすることで固定します。
本体のデザインと乖離しないよう、円柱形状を主体としたシンプルなデザインです。
https://make.dmm.com/item/947394/

拡張グリップM収納付 [MRO-GP-QS1-E03]


グリップMをベースに、バッテリー収納を追加したグリップです。
「円柱2つ」ということで、110カートリッジのようなデザインに。
若干大型化してしまいましたが、縦吊り可能なストラップホールを備えています。
https://make.dmm.com/item/953109/

本部品に興味がある方は、本文中のリンクより詳細確認及び注文が可能です。


コメントを残す